地域のみなさまへ

保健医療交流事業 (講演会) レポート

西会津町との共催で講演会を開催しました。(平成24年11月23日)



 ※プライバシー保護のため、画像を一部加工しています。
11月23日(金・祝)、西会津中学校において、講演会を開催しました。

『生活習慣病の予防について〜死の四重奏「高血圧・糖尿病・肥満・脂質異常症」の予防〜』をテーマに、人工透析センター 寺脇博之特命准教授に講演いただきました。

本講演会は、西会津町主催の「健康がいちばん2012 in にしあいづ」におけるイベントの一環で、「食と運動と健診」を相互に連携しながら町民の健康づくりを推進し、健診等の重要性を再認識することにより、町民ひとりひとりの健康増進を図ることを目的として開催されました。

今回は、講演会開始前に「健診結果は、だいじょうぶ?」と題して、町民と保健指導員の立ち話という日常の一コマを設定に、同町保健福祉課の職員の皆さんによる寸劇(コント)が披露され、参加者の皆さんに講演内容をよりわかりやすくするための楽しい工夫をして下さいました。
その後、寸劇から引き続くようにして始まった講演会は、糖分・塩分・脂質の正しい摂取方法や、腹八分目と運動(歩く)による対策方法、そして何より健康診断や血圧測定などを積極的に行い、自身の体からの声なき声に耳を傾けることが重要であるとの話に、参加者の皆さんも聞き入っていました。
講演の冒頭の自己紹介で、寺脇先生の恩師が102歳のご高齢ながら現役で活躍されている、大変有名な聖路加国際病院の日野原重明先生であることなどが紹介された場面では、会場からも大きな感嘆の声があがりました。

質疑応答では、「アルコールはどのくらいの摂取量なら良いのか?」という質問には、「ほろ酔い程度が良い。飲み過ぎは他の臓器に悪影響を与えてしまう」など丁寧に回答していました。

大変うれしいことに、参加者数は263名にのぼり、大盛況のうちに終了することができました。

 

前のページ (保健医療交流事業一覧) に戻る

次回開催予定

日程 : 平成25年1月30日(水) ・ 棚倉町 (会場: 棚倉町保健福祉センター)
講師 : 衛生学・予防医学講座 熊谷智広 助教

 

 

お問い合わせ: 医療研究推進課 研究推進係

電話 (024)547−1825 / FAX (024)547−1991
Eメールは まで

※ 上記お問い合わせアドレスはスパム防止のため全角で表記しています。
JavaScript有効化でクリック→メール送信が可能です

▲TOPへ