地域のみなさまへ

保健医療交流事業 (講演会) レポート

会津若松市との共催で講演会を開催しました。(平成24年10月21日)



※プライバシー保護のため、画像を一部加工しています。
10月21日(日)、あいづ総合体育館において、講演会を開催しました。

『運動で腰痛・膝痛を予防しよう!!』 をテーマに、整形外科学講座 大谷晃司 准教授に講演いただきました。

会津若松市は、市民ひとりひとりが積極的に自らの健康づくりに取り組んでいけるよう、様々な形で啓蒙普及に力を入れており、今回の講演会も、健康なまちづくりの推進を目的として開催された同市主催の「健康まつり」におけるイベントの一環として行われました。

大谷准教授の講演は、会津若松市における患者の特徴や問題点をあげたり、同市で推進しているウォーキングのメリット、また介護予防の観点から、将来に向けた予防策の情報など、身近な話題を取り入れた大変わかりやすい講演でした。
さらには、運動健康教室ということで、腰痛・膝痛のためのストレッチの実技指導も行い、大谷准教授自ら参加者の皆様に直接アドバイスをしていました。

質疑応答では、多くの参加者の皆様から、ご自身の健康に対する不安や悩みに関する質問が集中していました。
講演会終了後には、「とてもわかりやすく先生の話に引き込まれました。」「今までの考えとは違った角度からのお話もあり大変勉強になりました。」「来てよかった!!」など、大変うれしいお言葉を頂くことができました。

 

前のページ (保健医療交流事業一覧) に戻る

次回開催予定

日程 : 平成24年11月3日(祝) ・ 只見町 (会場 : 只見地区センター
講師 : 腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学講座 橋本重厚 准教授

 

 

お問い合わせ: 医療研究推進課 研究推進係

電話 (024)547−1825 / FAX (024)547−1991
Eメールは まで

※ 上記お問い合わせアドレスはスパム防止のため全角で表記しています。
JavaScript有効化でクリック→メール送信が可能です

▲TOPへ