HOME > ニュース明細
福島県立医科大学

2016.01.19

【広報】 福島民報新聞に掲載された記事に誤りがあり、改めて訂正記事が掲載されました。

1月11日の福島民報新聞朝刊で救命救急センターに整備予定の高度治療室床数の記事に誤りがありました。16日の朝刊において以下のように訂正文と共に、正しい記事が改めて掲載となっておりますのでお知らせいたします。
(左表:下記訂正文中【表】)
■ 広報コミュニケーション室

2016年1月16日3面 福島民報新聞

----以下引用---

福医大
28年度内供用開始の救命センター
高度被ばく医療機能も

福島医大が平成28年度内の供用開始を予定している「災害医療・救命救急センター」と救急病棟には、高度治療室(HCU)21床を設ける。救急医療の拠点となるほか、高度被ばく医療機能も併せ持つ施設とする。
 災害医療・救命救急センターと救急病棟は、同大付属病院隣地に建設中の「ふくしま いのちと未来のメディカルセンター」1階に整備する。
 供用開始時はHCUのみ21床とする。将来的に整備する病床の内訳は【表】の通り。21床のうち4床を集中治療室(ICU)、別の4床を冠疾患集中治療室(CCU)、1床を被ばく医療患者対応用に整備する計画だ。
 メディカルセンター1階の玄関ホールには、大規模災害発生時に搬送されてくる患者の処置優先度を医師が決めるトリアージ拠点を設ける。

【訂正】11日付1面の記事で、整備する病床数が60床とあるのは誤りでした。訂正します。

▲TOPへ