関口 美穂 (セキグチ ミホ)

SEKIGUCHI Miho

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

神経性疼痛、運動器、脊椎

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部附属研究施設   附属実験動物研究施設   教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  医学部  その他  日本国  1992年

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  整形外科学  博士課程  その他  日本国  2002年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学 -  医学博士 

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本疼痛学会  日本国

  • 日本運動器疼痛学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 脊椎

  • 整形外科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 腰部脊柱管狭窄におけるアポトーシスの関与について

    研究期間: 2004年  -  2007年 

  • 腰椎疾患におけるfMRIでの検討

     

  • 運動器疾患の疫学調査

     

  • 腰部脊柱管狭窄の病態と治療

     

  • 脊椎疾患の神経根性疼痛のメカニズム

     

論文 【 表示 / 非表示

  • The effect of an Acid-semsing ion channels (ASICs) inhibitor on pain-related behavior by nucleus pulposus applied on the nerve root in rats.

    Kobayashi Y, Sekiguchi M, Konno S.

    Spine    2016年11月

    共著 

  • Dysfunction of Nucleus Accumbens is associated with psychiatric problems in patients with chronic low back pain – a functional mahnetic resonance imaging study.

    Kaneko H, Zhang S, Sekiguchi M, Mikaido T, Makita K, Kurata J, Konno S.

    Spine    2016年

    共著 

  • Relationship between lyphtic posture and falls in comunity-Dwelling men and women: the locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study.

    Tominaga R, Fukuma S, Yamazaki S, Sekiguchi M, Otani K, Kikuchi Si, Sasaki S, Kobayashi S, Fukuhara S, Konno S.

    Spine  41 (51) 1232 - 1238   2016年

    共著 

  • Low testosterone levels and reduced kidney function in Japanese adult men: The locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study.

    Kurita N, Horie S, Yamazaki S, Otani K, Sekiguchi M, Onishi Y, Takegami M, Ono R, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S.

    J Am Med Dir Assoc   17 (4) 371.e1 - e6   2016年

    共著 

  • Retinal vessel diameters in a Japanese population: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study.

    Tano T, Ono K Hiratsuka Y, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Onishi Y, Takegami M, Yamada M, Fukuhara S, Murakami A.

    Acta Ophthalmol  94 (6) e432 - e441   2016年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 第26回腰痛シンポジウム講演記録集

    (担当範囲:基礎的アプローチ−腰椎疾患モデルを用いてー 腰痛のメカニズムと治療法)

    その他の出版機関  2015年12月 

    関口美穂、紺野慎一 

  • 特集 高齢者における非がん性慢性疼痛の管理.

    (担当範囲:2、高齢者の運動器疼痛疾患:疫学、特徴、治療の動向.) (担当ページ:929-932)

    老年医学  2015年09月 

    関口美穂、紺野慎一 

  • ロコモティブシンドロームのすべて. IV ロコモティブシンドロームを構成する疾患

    (担当範囲:脊椎疾患 腰部脊柱管狭窄症) (担当ページ:166-169)

    日本医師会雑誌  2015年06月 

    関口美穂、紺野慎一. 

  • 特集 脳卒中の発症・再発予防—最新のエビデンズとガイドラインに基づく診療指針— 

    (担当範囲:私の処方 慢性腰痛に対する抗うつ薬の投与.) (担当ページ:665)

    モダンフィジシャン  2015年05月 

    関口美穂、紺野慎一 

  • 特集 今すぐできる! うまくいく! 慢性疼痛の最新治療戦略

    (担当範囲:慢性疼痛における心理社会的要因)

    その他の出版機関  2015年02月 

    関口美穂、紺野慎一 

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 福島医学会学術奨励賞

    2006年   日本国

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ラット髄核留置モデルにおけるASIC3選択的抑制薬の効果.

    第8回日本運動器疼痛学会 

    2015年12月
     
     

  • ラット髄核留置モデルにおける疼痛関連行動と神経成長因子(NGF)の関与について.

    第8回日本運動器疼痛学会 

    2015年12月
     
     

  • 慢性腰痛に対するリエゾンアプローチ. 

    第8回日本運動器疼痛学会 

    2015年10月
     
     

  • ラット髄核留置モデルにおける疼痛関連行動と神経成長因子(NGF)の関与について.

    第30回日本整形外科学会基礎学術集会 

    2015年10月
     
     

  • 2型糖尿病ラットを用いた髄核留置モデルにおける疼痛関連行動への糖尿病の影響.

    第30回日本整形外科学会基礎学術集会. 

    2015年10月
     
     

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本疼痛学会

    評議員

    2012年07月
    -
    継続中

  • 日本運動器疼痛学会

    評議員

    2010年11月
    -
    継続中