矢吹 省司 (ヤブキ ショウジ)

YABUKI Shoji

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

疼痛に対するリハビリテーション、神経根性疼痛の基礎と臨床、脊椎内視鏡手術、椎間板ヘルニア、神経根性疼痛、頚髄症、腰部脊椎管狭窄、肩こり

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1276

研究室FAX

024-548-5505

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 兼務   医学部(臨床医学系)   整形外科学講座   附属病院 部長

  • 本務   医学部(臨床医学系)   整形外科学講座   教授

  • 兼務   福島県立医科大学   新医療系学部設置準備室   教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • その他の授与機関 -  医学博士 

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本リハビリテーション医学会  日本国

  • 1994年06月
    -
    継続中
     

    国際腰椎学会  アメリカ合衆国

  • 日本整形外科学会  日本国

  • 日本疼痛学会  日本国

  • 日本脊椎脊髄病学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

  • リハビリテーション

  • 疼痛学

  • 福祉工学

  • 脊椎脊髄外科

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 慢性疼痛に対する運動療法

     

  • 脊椎内視鏡手術、運動器の痛みの基礎と臨床

     

  • 脊椎疾患に対するブロック療法

     

  • 神経根障害の病態と治療

  • 肩こりの病態

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The effect of guidance for home exercise and activities of daily living on female adolescents experiencing adverse events after human papillomavirus vaccination in Japanese multidisciplinary pain centres

    Ushida T, Shibata M, Kitahara M, Yabuki S, Sumitani M, Murakami T, Iseki M, Hosoi M, Shiokawa H, Tetsunaga T, Nishie H, Fukui S, Kawasaki M, Inoue S, Nishihara M, Aono S, Ikemoto T, Kawai T, Arai YC

    Pain Res Manag    Epub ahead of print   2016年

    共著 

    PubMed

  • Epidemiologic survey of locomotive syndrome in Japan

    Atsushi Seichi, Atsushi Kimura, Shinichi Konno, Shoji Yabuki

    J Orthop Sci  21   222 - 225   2016年

    共著 

  • Unusual chest wall pain caused by thoracic disc herniation in a professional baseball pitcher

    Kato K, Yabuki S, Otani K, Nikaido T, Otoshi K, Watanabe K, Kikuchi S, Konno S

    Fukushima J Med Sci  62 (1) 64 - 67   2016年

    共著 

  • The effect of guidance regarding home exercise and ADL on adolescent female suffering from adverse effects after HPV vaccination in Japanese multidisciplinary pain centers

    Takahiro Ushida, Masahiko Shibata, Masaki Kitahara, Shoji Yabuki, Masahiko Sumitani, Takanori Murakami, Masako Iseki, Masako Hosoi, Hiroaki Shiokawa, Tomoko Tetsunaga, Hiroyuki Nishie, Sei Fukui, Motohiro Kawasaki, Sinsuke Inoue, Makoto Nishihara, Shuichi Aono, Tatunori Ikemoto, Takashi Kawai, Young-Chang Arai

    Pain Research and Management  2016   2016年

    共著 

  • Relationship between lumbar spinal stenosis and psychosocial factors: a multicenter cross-sectional study (DISTO project)

    Sekiguchi M*, Yonemoto K, Kakuma T, Nikaido T*, Watanabe K*, Kato K*, Otani K*, Yabuki S*, Kikuchi S*, Konno S*

    Eur Spine J  24 (10) 2288 - 2294   2015年10月

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 慢性疼痛診療ハンドブック

    池本竜則 (担当範囲:17. 慢性痛に対する運動療法) (担当ページ:232-243)

    中外医学社  2016年12月  ISBN: 978-4-498-05610-7

    17. 矢吹省司  東京

  • 腰痛は「自分」で治せる

    創英社/三省堂  2013年 

    東京

  • 痛みの注射法アトラス

    矢吹省司 (担当ページ:2-31)

    南江堂  2012年12月  ISBN: 978-4-524-26876-4

    東京

  • 痛みの集学的治療:痛みの教育コアカリキュラム

    日本疼痛学会痛みの教育コアカリキュラム編集委員会

    新興交易(株)医書出版部  2016年10月  ISBN: 978-4-88003-910-7

    東京

  • 痛みの集学的診療:痛みの教育コアカリキュラム

    西江宏行、北原雅樹、柴田政彦、福井 聖、矢吹省司、山下敏彦 (担当範囲:第5章 痛みの生物心理社会モデル) (担当ページ:53-64)

    新興交易(株)医書出版部  2016年10月  ISBN: 978-4-88003-910-7

    第5章 高橋直人、笠原 諭、矢吹省司  東京

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • APOA (Asia Pcific Orthopaedic Association) 2007 Spine Award

    2007年  

  • 第1回Asia Traveling Fellow

    2006年   日本国

  • 国際腰椎学会日本支部賞

    2000年   日本国

  • 福島医学会学術奨励賞

    1999年   日本国

  • 合同整形外科基礎学会新研究者賞(New Investigator Recognition Award)

    1998年  

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 運動器の痛みの客観的評価法と有用な治療法の確立に関する研究

    補助・助成

    研究期間: 2012年04月 ~ 2015年03月 

    代表者:  矢吹省司  連携研究者:  紺野愼一

  • 慢性の痛みに対して運動療法が与える影響に関する研究

    補助・助成

    研究期間: 2012年04月 ~ 2013年03月 

    代表者:  矢吹省司 

  • 運動療法の介入が活動量や運動機能に与える影響についての研究

    補助・助成

    研究期間: 2012年11月 ~ 2013年10月 

    代表者:  矢吹省司 

  • 慢性疼痛の多面的評価システムの開発と客観的評価法の確立に対する研究

    国内共同研究

    研究期間: 2011年04月 ~ 2014年03月 

    代表者:  紺野愼一 

  • 急性期のリハビリテーションがQOLに与える影響についての研究

    補助・助成

    研究期間: 2011年09月 ~ 2012年08月 

    代表者:  矢吹省司 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The surgical outcomes of posterior fixation for cervical myelopathy in patients with athetoid cerebral palsy: five year follow-up

    Spine Across the Sea 2015 

    2015年07月
     
     

  • Development of screening tool “Spine PainDETECT” for the neuropathic pain due to lumbosacral spine disease: a multicenter cross sectional study

    Spine Across the Sea 2015 

    2015年07月
     
     

  • Interrelation between surgical treatment outcomes and psychiatric problems in lumbar spinal stenosis patients: a 2‐year cohort study using Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients (BS‐POP)

    ISSLS 2015 

    2015年06月
     
     

  • Lumbar spinal stenosis affects health‐related QOL and work continuation

    ISSLS 2015 

    2015年06月
     
     

  • Could Dural Sac Cross‐sectional Area (DCSA) on MRI predict LSS Symptom for six‐year follow‐ up?

    ISSLS 2015 

    2015年06月
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 運動器疼痛の病態解明

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  技術相談, 共同研究

  • 神経根障害の病態

    共同研究

  • 肩こりの病態

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  共同研究

  • 脊椎内視鏡手術

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  技術相談, 共同研究

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 症候論とケーススタディー腰背部痛、関節痛ー

  • スポーツと腰痛

  • 運動器リハビリテーション

  • 整形外科ーリハビリテーション

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本リハビリテーション医学会

    代議員

    2012年04月
    -
    継続中

  • 日本整形外科学会

    代議員

    2007年04月
    -
    2009年03月

  • 日本疼痛学会

    理事

    2008年06月
    -
    継続中

  • 日本脊椎脊髄病学会

    評議員

    2010年05月
    -
    継続中

  • 日本運動器疼痛学会

    理事

    2008年12月
    -
    継続中

全件表示 >>