English
 実験動物研究施設
 実験動物研究施設
 
准教授
関口   美穂
SEKIGUCHI Miho
JST Researchmapへのリンク
NII 研究者リゾルバーへのリンク
科学研究費補助金データベースへのリンク
国立国会図書館へのリンク
NII 論文情報ナビゲータ(CiNII)へのリンク

出身大学院
福島県立医科大学  博士  整形外科学    2002    国内   

出身学校
福島県立医科大学  医学研究科    1992    国内   

取得学位
医学博士  福島県立医科大学   

研究分野
整形外科学 
脊椎 

キーワード
神経性疼痛、運動器、脊椎 

研究テーマ
腰部脊柱管狭窄におけるアポトーシスの関与について    2004-2007 
脊椎疾患の神経根性疼痛のメカニズム       
腰部脊柱管狭窄の病態と治療       
運動器疾患の疫学調査       
腰椎疾患におけるfMRIでの検討       

著書
機能からみた病態 1基礎実験からみた病態.  81-89  菊地臣一  腰痛(第2版)    医学書院.   2014/02/01    関口美穂 
慢性疼痛がもつ問題点.心理的問題(要因と対処).  28-32  日本整形外科学会運動器疼痛対策委員会  運動器慢性疼痛診療の手引き    南江堂  2013/11/01    4. 関口美穂、紺野慎一 
運動器慢性疼痛への対処.薬物療法.オピオイド.  86-90  日本整形外科学会運動器疼痛対策委員会  運動器慢性疼痛診療の手引き    南江堂  2013/11/01    5. 関口美穂、紺野慎一 
PADの疫学.コラム 腰部脊柱管狭窄の予後.  8  重松宏、菊地臣一  日常診療における末梢血管障害の診療ガイドブック.    一般社団法人 呼吸研究  2013/10    2. 関口美穂、紺野慎一 
整形外科領域からみた頻度.  4-5  重松 宏、菊地臣一  日常診療における末梢血管障害の診療ガイドブック    一般社団法人呼吸研究  2013/10    3. 関口美穂、紺野慎一 
詳細表示...

論文
共著  Otoshi K, Takegami M, Sekiguchi M, Onishi Y, Yamazaki S, Otani K, Shishido H, Fukuhsra S, Kikuchi S, Konno S  Chronic hyperglycemia increases the risk of lateral epicondylitis: the locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study (LOHAS).  Sprinferplus  4, 407  2015       
共著  Kato K, Sekiguchi M, Yonomoto K ,Kakuma T, Nikaido T, Watanabe K, Otani K, Yabuki S, Kikuchi S, Konno S.  Diagnostic accuracy of the selp-administered, self-reported history questionnaire for lumbar spinal stenosis patients in Japanese primary care settings: a multicenter cross-sectional study (DISTO-projcet)  J Orthop Sci.  20/ 5, 805-10  2015       
共著  Sekiguchi M , Yonometo K, Kakuma T, Nikaido T, Watanabe K, Kato K, Otani K, Yabuki S, Kikuchi S, Konno S  Relationship between lumbar spinal stenosis and psychosocial factors: a multicenter cross-sectional study (DISTO project).  Eur Spine J  24/ 10, 2288-94  2015       
共著  Yoshida K, Sekiguchi M, Otani K, Masahiko H, Shioda H, Wakita T, Niwa S, Kikuchi S, Konno S.  Computational psychological study of the Brief Scale for Psychiatric Problems in Orhopaedic Patients (BS-POP) for patients with chronic low back pain: verification of responsiveness.  J Orthop Sci.  20, 469-74  2015       
共著  Fukumori N, Yamamoto Y, Takegami M, Yamazaki S, Onishi Y, Sekiguchi M, Otani K, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S.  Association between hand-grip strength and depressive symptoms: Colomotice syndrome and health outcomes in Aizu cohort study (LOHAS).  Age Ageing  44, 592-8  2015       
詳細表示...

研究発表
研究発表  ラット髄核留置モデルにおける疼痛関連行動と歩行解析の検討.  第25回東北動物実験研究会記念大会  2014/12/12   
研究発表  実験動物施設における感染防止対策の変遷.  第25回東北動物実験研究会記念大会  2014/12/12   
研究発表  Introduction of a current gait analysis “ Cat walk” – Evaluation of pain-related behavior in a rat lumbar disc herniation model-.  The 5th Swiss-Japanese spine research symposium  2014/12/08   
研究発表  The effect of serotonin and noradorenalin reuptake inhibitors (SNRI) on pain-related behavior in a rat model of neuropathic pain.  The 5th Swiss-Japanese spine research symposium  2014/12/08   
研究発表  大学生のおける腰痛とストレス対処行動—逃避・回避的対処行動は腰痛の慢性化に影響する.  第22回日本腰痛学会  2014/11/15   
詳細表示...

受賞学術賞
福島医学会学術奨励賞  2006  国内 
詳細表示...

所属学会
日本整形外科学会 -現在  国内
日本脊椎脊髄病学会 -現在  国内
International Society of the Study of the Lumbar Spine (ISSLS) -現在  国内
日本疼痛学会 -現在  国内
評議員 2012/07-現在
日本運動器疼痛学会 -現在  国内
評議員 2010/11-現在
International Association for the Study of Pain (IASP) -現在  国内
東北整形災害外科学会 -現在  国内
東日本整形外科学会 -現在  国内
日本腰痛学会 -現在  国内
日本実験動物学会 -現在  国内
日本実験動物技術者協会 -現在  国内