医産TRセンターについて

事業概要

 本センターは本学震災復興プロジェクトの一つ「福島医薬品関連産業支援拠点化事業」を推進するために設立されました。
 福島医薬品関連産業支援拠点化事業(以下「福島事業」といいます。)の目的は、多種多様な生体試料、それらの解析情報および独自技術等の産業界での活用、そこから派生する医薬品等の開発支援ならびに医薬品開発等に関連する新たな産業の創出です。
 福島事業は、希少かつ有限の臨床検体そのものを研究機関に分譲する、いわゆるバイオバンク事業ではなく、それらの臨床検体を、

① 情報に変える(網羅的遺伝子発現解析、ゲノム解析またはタンパク質解析等)
② 加工して増やす(がん組織由来培養細胞(塊)または担がん動物の作製等)
③ 極微量サンプルの解析技術(DNAマイクロアレイ・タンパク質マイクロアレイ等)を開発する

ことで最大限に活用しております。また、産業界での「ニーズ」を重視し、産業界で真に利用価値のある生体試料由来の材料を創出するとともに、各種解析データ(網羅的遺伝子発現解析データ、化合物に対する細胞または生体応答データ、ゲノム解析データ、タンパク質解析データ等)を蓄積してきました。
 われわれは、これらの成果物を総称して「福島コレクション(Fukushima Collections)」と名付けました。既に、製薬企業や検査・診断薬企業との間で、福島コレクションを活用した共同・受託研究や成果物(情報)の提供が次々に進んでおります。
 福島コレクションの活用またはご要望については、お気軽にお問い合わせまたはご相談くださいますようお願い申し上げます。

福島コレクションコンテンツ(クリックで拡大)

福島コレクションコンテンツ一覧

前身事業からの継続・拡大

 前身事業であるNEDO (経済産業省/独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 )の「基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/遺伝子発現解析技術を活用した個別がん医療の実現と抗がん剤開発の加速」プロジェクトでは、様々ながん組織の遺伝子発現解析を通して多くの癌マーカー候補遺伝子を抽出し、これら成果を参画企業に橋渡ししてきました。
 現在の「福島医薬品関連産業支援拠点化事業」では、より多くの解析手法を取り入れるとともに、がん以外の疾患にも拡大します。

ページトップ