医産TRセンターについて

事業概要

理念

本センターは本学震災復興プロジェクトの一つ「福島医薬品関連産業支援拠点化事業」を推進するために設立されました。ここでは医療界と産業界を円滑に橋渡しすることにより、がんを中心とした諸疾患の新規治療薬・診断薬・検査試薬などの開発支援を多面的に行います。この取り組みを通して、福島県における新規産業の創出、企業誘致、雇用創出に貢献するとともに、福島で最先端のがん治療法、診断法を行うことにより県民の健康の維持増進を図ります。

本事業におけるトランスレーショナルリサーチ

トランスレーショナルリサーチ(TR)とは橋渡し研究とも訳され、基礎医学の成果を臨床に生かすための研究で、多くは医師主導治験を指します。しかし、この医産TRセンターは「医療」と「産業」の双方向の橋渡しに主眼を置きます。医師を含む医療関係者、真理を追究する基礎医学者、そして医薬品開発を進める企業人は、それぞれの価値観や目標が異なり、互いのコミュニケーションだけでは真の意思疎通は困難です。そこで文字通りの「トランスレーター(翻訳者)」が必要となります。様々なニーズ、特に企業研究者と臨床医の声に耳を傾け、各専門分野が密に連携することで、医薬品開発に資する様々な仕組み(各種解析情報・加工生体材料を利活用する手段)を講じます。

前身事業からの継続・拡大

前身事業であるNEDO (経済産業省/独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 )の「基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/遺伝子発現解析技術を活用した個別がん医療の実現と抗がん剤開発の加速」プロジェクトでは、様々ながん組織の遺伝子発現解析を通して多くの癌マーカー候補遺伝子を抽出し、これら成果を参画企業に橋渡ししてきました。現在の「福島医薬品関連産業支援拠点化事業」では、より多くの解析手法を取り入れるとともに、がん以外の疾患にも拡大します。

ページトップ