公立大学法人 福島県立医科大学 医学部 病理病態診断学講座

FUKUSHIMA  MEDICAL UNIVERSITY

講座紹介

「病理学」は本来、病気の細胞や器官の形態学的変化と機能障害を正確にとらえ、病気の成因、成立機序、病態、転帰を明らかにする学問です。病理病態診断学講座は大きく「研究」と「病理診断学」に携わっています。


当講座は昭和25年に病理学第一講座として開校以来、故北村四郎新潟大学名誉教授、故小島瑞福島医大名誉教授、若狹治毅福島医大名誉教授、阿部正文前教授、橋本優子現教授へと一貫して人体病理学の分野の研究に携わり、中でも「マクロファージ、リンパ球の反応性ならびに腫瘍性病変」が研究テーマとして受け継がれ、特に「悪性リンパ腫の研究」では時代を常にリードしてきました。

 
 「病理診断学」は、治療方針や予後を決定する上で欠くことのできない分野であり、病理学の診療科部門とも言えるものです。附属病院病理部の病理専門医として臨床医と密に連携し、質の高い治療の提供に反映させるため病理診断学の向上に努めています。


 現在、教授以下約10名のスタッフで研究、教育、診断治療の充実・発展に取り組んでいます。

  • 研修医(専攻医)募集のご案内
  • 教員募集のご案内

先頭へ