福島県立医科大学 医学部 放射線物理化学講座

研究内容

  • HOME »
  • 研究内容

県民健康調査・基本調査の支援

 県民健康調査・基本調査では、県民の行動調査等に基づき事故後4か月間の外部被ばく線量を推計しています。当講座は、放射線医学県民健康管理センターが実施する基本調査の支援を行うとともに、国内外の学術会議などを通じて、得られた調査結果の発信に努めています。

詳しくは、放射線医学県民健康管理センターのホームページをご覧ください

原発事故後の放射性物質の環境動態調査及び被ばく線量評価

 除染の実施や放射性物質の壊変とともに生活圏における放射線量は下がりつつあります。しかし、地表面からの放射性物質の再飛散や未だ放射線量が高いレベルにある森林等からの放射性物質の流出は、生活圏に影響を与える可能性があります。当講座は、ふくしま国際医療科学センター先端臨床研究センター環境動態調査部門において、放射性物質の環境動態に関する調査及び被ばく線量の評価を行っています。

詳しくは、環境動態調査部門のホームページをご覧ください

自然放射線による被ばく線量評価

 自然界に元々ある放射線により、私たち日本人は年間およそ2mSv被ばくしていると言われています。しかし、この被ばく線量は日本全国どこでも同じではなく地域によって異なることが知られており、福島県内でも同様であると考えられます。私たちは、大地放射線やラドンに着目し、県民健康調査・基本調査で評価されていない自然放射線による県民の被ばく線量に関する情報収集や環境調査を行っています。

国内外の研究機関との連携

 当講座では、国内外の様々な研究機関と連携して調査や研究を進めています。原発事故に由来する放射性物質の環境動態調査では、他の研究機関と連携して調査を実施しています。さらに、アジアや欧米の研究機関と連携して自然放射線やそれに関連する調査を行っています。また、国内外の学会や専門委員会などの委員を務め、社会活動も積極的に行っています。

 

 

PAGETOP