日独皮膚科学会

日独皮膚科学会は、西山茂夫先生や植木宏明先生らのご尽力により設立された学会で、今日までさらに発展し、日本とドイツ間で皮膚科学的かつ文化的な交流を重ねてきました。この学会は、ドイツへの留学経験をお持ちの先生やドイツを愛する先生を中心に運営されている、比較的クローズドな会です。会員数は多くはありませんが、逆に会員同士のアットホームな繋がりもでき、2-3年に一度開催される学会を楽しみにされている先生も数多くいらっしゃいます。最近では、2年に一度の開催が定着してきています。

 13th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology

 Main congress : Munich, Germany, June 13-15, 2018

Congress president
Prof. Dr. Dr. h.c. mult. Thomas Ruzicka
Ludwig-Maximilian University Munich
thomas.ruzicka@med.uni-muenchen.de

Congress secretary
Prof. Dr. Dr. h.c. Andreas Wollenberg
Ludwig-Maximilian University Munich
andreas.wollenberg@med.uni-muenchen.de

 Post Congress : Marburg, Germany, June 16-17, 2018

Chairman
Prof. Dr. Michael Hertl
Philipps-University Marburg
hertl@med.uni-marburg.de

 大会ホームページはこちら(外部サイト)

 本学会の歴史

開催日程会長開催地
第1回1987. June 3-4Otto P. HornsteinErlangen
第2回1990. Oct 24-25西山 茂夫箱根
第3回1993. May 14-16Erwin J. SchopfFreiburg
第4回1996. Oct 27-29植木 宏明倉敷
第5回1999. June 3-5Rudolf HappleMarburg
第6回2002. Nov 1-3西岡 清奈良
第7回2005. June 3-5Michael MeurerDresden
第8回2007. Nov 15-17勝岡 憲生横浜
第9回2010. June 9-12Peter ElsnerWeimar
第10回2012. Nov. 14-17荒瀬 誠治徳島
第11回2014. June 11-13Alexander EnkHeidelberg
第12回2016. Oct 12-14横関 博雄軽井沢
第13回2018. June 13-15Thomas RuzickaMunchen

 入会案内

本学会は何よりも臨床を重視しており、臨床にこだわる皮膚科医の集まりです。それは今後も変わらずにそうあって欲しいと思っています。公用語は英語ですが、若い医師にとっては初めて英語で発表する絶好の機会とも言えましょう。ドイツへの留学経験をお持ちの先生だけでなく、ドイツに興味がおありの先生でしたら、どなたでも大歓迎ですので、是非ご入会いただけますようお願い申し上げます。ご連絡いたければ、追って入会手続きをいたします。

山本 俊幸  

連絡先
  •  日独皮膚科学会 日本側事務局(福島県立医科大学 皮膚科学講座 内)
  •   〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地
  •   Tel:024-547-1309 Fax:024-548-5412 E-mail:dermatol@fmu.ac.jp