皮膚科臨床実習

およそ13ヶ月間にわたる本学ベッドサイドラーニング(BSL)の一環として、医学部5,6年生の皮膚科臨床実習を担当しています。これまで学んできた医学的知識やスキルを発揮して、医療チ-ムの一員として医療に参加し、実践的な診療能力を身につけ始める段階であることを意識したプログラムを組んでいます。

 BSL プライマリーコース(医学部5年生)

外来実習と少人数の講義・勉強会を中心とした実習になります。

 週間スケジュール

午前午後1午後2
月曜日オリエンテーション
(大塚)
外来・病棟実習皮膚テスト外来
(花見)
皮疹の診かた・入院患者紹介
(加藤)
火曜日外来・病棟実習
光線外来
(伊藤)
皮膚病理セミナー
(石川)
水曜日
手術 or 病棟実習昼食会
(山本)
外来カンファランス
木曜日
皮膚病理勉強会
(山本)
外来・病棟実習総回診学会予演・症例検討会・抄読会
金曜日外来・病棟実習レーザー外来
(本多)
乾癬外来
(菊池)

 ※木曜日の皮膚病理勉強会は隔週開催です。

 BSL アドバンストコース(医学部6年生)

病棟実習が中心になります。病棟グループの一員になり、指導医の指導のもと、担当医に近い立場で臨床実習を行います。皮膚悪性腫瘍、水疱症、乾癬、重症薬疹、重症皮膚感染症、広範囲熱傷など様々な疾患を経験できるだけでなく、日々のグループカンファランスや総回診に参加することで、皮膚科的知識・診断過程・治療法・プレゼンテーション技術が学べます。