トップページ

 センター概要

 活動・実績報告

 所在地・交通アクセス

 お問い合わせ

 関連リンク

センターTOPセンター概要(センター長挨拶)
  

2011年3月の東日本大震災と福島第一原子力発電所事故は、福島県内の医療・保健状況に急性期ばかりでなく中長期的にも大きな影響を及ぼしています。その危機を乗り越え、社会の復興に医学面からも貢献し、加えて今後も発生が懸念される大災害に対応できる医療体制を作り上げることが急務となっています。その基盤として、災害医療・放射線被ばく医療を理解して、日常の診療や看護・保健活動に生かすことのできる医療従事者の養成が極めて重要となります。この社会的要請に応えるため、文部科学省3次補正補助金に基づき、平成23年度、本学の医療人育成・支援センター内に災害医療総合学習センターが設置されました。

 
 
災害医療総合学習センターは、前センター長の福島哲仁教授のもと、この2年間で災害医療・放射線被ばく医療のエキスパートを実践的に育てるための、様々な教育研修プログラムを作成し、遂行してまいりました。本学の医学生・看護学生はじめ、福島県内の臨床研修医、看護師、保健師への、実践的な災害医療教育を、多くの先生方のご協力をえながら行ってまいりました。また全国からも福島の地で、災害医療・放射線被ばく医療を学びたいと希望する医療関係者や学生の方々ために、被災地での実地研修を取り入れた災害医療セミナーを行っています。さらに海外の大学からも医学生を受け入れるとともに、福島医科大学の学生がチェルノブイリや米国の大学において研修を行えるよう支援しています。少しずつですが国際的な災害医療教育の交流も芽生えてきています。

今後とも本センターの取り組みが、福島県を始め東北地方の震災復興の一助となり、このプログラムで育った人達が、日本や世界の災害医療の優れた担い手となることを願い、センタースタッフ一同、職責を果してまいりたいと考えております。これまでの災害医療総合学習センターや本学の事業の実施に当たり、皆様に賜りましたご協力に感謝申し上げますとともに、今後ともご支援の程よろしくお願い申し上げます。

平成26年4月

   



災害医療総合学習センター 
(事務局:福島県立医科大学 医療人育成・支援センター内)
〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地
TEL:024-547-1488 FAX:024-547-1557 e-mail:ecdm@fmu.ac.jp