TOP > 卒後臨床研修 > 指導体制・処遇

研修プログラムの指導体制・処遇 / SYSTEM

1 研修指導体制

(1) プログラム責任者及びプログラム副責任者

プログラム責任者は、研修プログラムの企画立案及び実施の管理並びに2年間にわたり研修医に対する助言、指導その他の援助を行います。
必要に応じ、プログラム副責任者を置くこととします。


(2) 指導医

指導医は、臨床経験7年以上で、プライマリ・ケアを中心とした指導を行える十分な能力を有する者とします。
また、指導医一人が受け持つ研修医は、5名までとします。

(3) 当直体制等

当院における当直は、研修1年次・2年次ともに、指導医のもとで実施します。

2 臨床研修の評価

研修医は、オンライン卒後臨床研修評価システム(EPOC)により、各科(部)・施設での研修修了の都度、指導医等の評価を受け、自己評価等を行います。
研修終了時に卒後臨床研修管理委員会がEPOC、レポート等で総合的な評価を行い、病院長に上申します。
病院長は研修を修了したと認定された研修医に対して、病院長名で臨床研修修了認定証を授与します。
また、平成26年度から日本医療教育プログラム推進機構が実施する「基本的臨床能力評価試験」にも参加しております。

3 研修医の身分・処遇(当院)

  • (1) 身分:臨床研修医(勤務形態:常勤職員)
  • (2) 給料:月額38万円(宿日直手当4回を含む)
  • (3) 住居手当:あり
    ※研修医用マンション有り【平成28年7月1日オープン】
  • (4) 通勤手当:あり
  • (5) 宿日直手当:1回2万円(月4回上限)
  • (6) 赴任旅費:採用に伴う引越移転旅費(本院に勤務する者に限る)
  • (7) 勤務を要する日
    ・1週間につき6日以内(基本は月~金)
    ・1週間につき38時間45分(基本8:30~17:15)
  • (8) 年次有給休暇
    ・初年度は10日間
    ・2年度は11日間
  • (9) 夏期休暇:3日
  • (10) 特別休暇:忌引休暇、公民権行使等
  • (11) 無給休暇:産前産後休暇、生理休暇、育児休暇等
  • (12) アルバイト:禁止
  • (13) 社会保険:公立学校共済組合(健康、年金)
  • (14) 労働保険:地方公務員災害補償、雇用保険
  • (15) 託児所(24時間保育可)。ベビーシッター制も利用可
  • (16) 宿直・日直時の食事補助
    宿直勤務時の夕食・夜食・朝食の3食まで
    日直勤務時の朝食・昼食・夕食の3食まで
    1食あたり1,500円まで
  • ※プログラムB(「1年目協力病院・2年目福島医大プログラム」)又は、プログラムC(1年目福島医大 2年目協力病院プログラム)の協力病院派遣時は協力病院の処遇となります。
  • (17) iPadを1台ずつ支給
学会・研修会等費用助成制度
年間20万円まで
(タブレット端末、図書購入もOK)
公立大学法人 福島県立医科大学
〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地
TEL 024-547-1047 / FAX 024-547-1715
ページの先頭へ