病院長あいさつ 関係機関の紹介
医療人GPとは 各事業紹介
病院紹介 家庭医募集
プログラム紹介
県立医大HP
■所属長名
  福島県立会津総合病院 院長 佐藤 勝彦

■ホームステイ研修を希望される方へのメッセージ
 会津総合病院の基本理念には「信頼される病院を目指し」「患者様と地域のため」をうたい、「へきち医療への貢献」と「将来を担う医療人の育成」を行動指針の一つとしております。少子高齢化社会を迎え、当県立病院は、会津地方における地域医療を真剣になって考えています。ホームステイ型研修を実践するため、福島県立医科大学と密接な連携を図っており、研修プログラム実施体制の中核病院として位置づけられております。
 研修を受ける皆さんが、へき地の研修のみならず、多くの臨床経験を受けられる体制を整備して待っています。

■貴所属の概要、特徴及びPRポイント
 当病院は急性期病院として、内科・外科をはじめ、精神科を含む19科体制を布いています。病棟には、結核病棟・感染病棟を持ち、特殊感染症等の治療体制を備え、全348床の病床を有しています。
  高度医療機器では、最新型MRI(シーメンス社製1.5テスラ)・CT・血管造影テレビシステム等を備えています。
 特に、へき地医療拠点センター病院として、へき地の医療機関へ医師を派遣しています。また、只見町朝日診療所と遠隔医療支援システムによりCT等の画像診断及び医療コンサルティングを実施し、へき地の医療機関とより密接な関係を築いています。

■その他
 会津総合病院の医師は、院長はじめ、福島県立医科大学の臨床教授として、県立医科大学における講義を担当しております。
 また、当院は、臨床研修病院の指定を受け、日本プライマリ・ケア学会認定研修施設、日本内科学会認定医制度教育病院など、15の専門研修施設の認定を受けています。
 医師も臨床経験が豊富であり、各種臨床専門教育ができる医師が揃っています。

 
Google

WWW サイト内




福島県立医科大学附属病院 病院経営課
〒960-1295福島県福島市光が丘1番地
TEL 024-547-1047 FAX 024-547-1715