部門紹介分子画像学部門

分子画像学部門

分子画像学とは、生体中のさまざまな生理的または病的な生命現象を、生体を傷つけることなく可視化することができる技術で、そのための主なツールとしてPET (Positron emission tomography)が使われています。PETは様々な放射性薬剤(分子プローブ)と組み合わせることにより、生体の各種機能情報をイメージングすることができるツールです。 本部門では、PETによる分子イメージング技術を用い、腫瘍や脳疾患、心疾患などの各種疾患の診療や臨床研究に取り組んでいます。また、動物用PET装置を用いた基礎研究や新しい分子プローブの開発にも取り組んでいます。PETは創薬に役立てることもできるツールであり、将来的には、PETによる診療・研究・創薬を事業の三本柱として活動していく予定です。

 

病態分子イメージング科学ユニット

unit1_fig1

病態分子イメージング科学ユニットでは、PET/CTやPET/MRI(国内初)といった最先端の医療機器を用いて腫瘍などの各種疾患の早期診断や臨床研究を実施しています。

詳細

先進医工学応用医学ユニット

thumbnail_unit2

先進医工学応用医学ユニットでは、臨床で患者さんの検査に用いているものと同じイメージング技術を用い、マウスやラットなど小動物のX線CT、PETあるいはSPECT測定を行い、そのデータを解析して薬物動態を評価するなど主に前臨床領域での研究を行っています。

詳細

先端分子追跡科学ユニット
放射性薬剤ユニット

unit3_fig1

放射性薬剤ユニットでは、PETやSPECTによる画像診断やRI内用療法で使用される放射性薬剤の開発、製造を行います。

詳細