先端化学分野

Division of Advanced Chemistry

分野紹介

 さまざまな薬や医療材料が化学によって生み出されています。そもそも私たちの体の働きは化学の法則が支配しているといっても言い過ぎではないでしょう。効果的な医療活動に化学の知識は欠かせません。先端化学分野は3名の優秀なスタッフによって運営されています。
  教 授 志 村 清 仁
  准教授 谷 口 暢 一
  学内講師 長 井 俊 彦

化学をよく知る医療人を育てるべく、日夜奮闘しています。

研究活動

 先端化学分野では生体物質化学と有機合成化学のエキスパートが、各研究領域の最先端において、世界をリードする研究成果を目指して活動しています。研究の主要なテーマは以下のとおりです。

  志村清仁 キャピラリー電気泳動などによる微量タンパク質解析法の開発
  谷口暢一 遷移金属触媒による有機合成法
  長井俊彦 臨床分析・免疫測定法

教育活動

1年生 基礎自然科学,有機化学,生命物理化学,生命有機化学,化学実験,
   科学リテラシー,医学セミナー, テュートリアル I
2年生 テュートリアル II
3年生  
4年生 基礎上級
大学院 バイオ計測工学(修士)、バイオ分析化学特論、特別研究演習他(博士)

詳細情報

11 量子力学と原子の構造 問題解説

12 化学結合 問題解説

 お問い合わせはこちらへ・・・・・・chem@fmu.ac.jp