医学部

 

神経解剖・発生学講座

Department of Anatomy

 

教室紹介

 神経解剖学および発生学を中心として研究を進めています。主な研究テーマは神経分化と神経細胞死、神経伝導路の形成メカニズム、発生過程の神経系への遺伝子導入法の開発、知覚神経の受容体、視床下部-下垂体系の神経内分泌などです。教育では、人体解剖学入門、骨学、マクロの解剖学、中枢神経学(脳)の講義と実習を担当しています。また、これらの教育に欠かせない献体業務と篤志家団体の志らぎく会の事務局も担当しています。教育を通じて学生と最も交流する講座です。

スタッフ

 

       

  教 授   八木沼洋行
  准教授    本間 俊作
 

講 師 

  渡邉 裕二 
  助 教   橋本 光広
  助   教   向笠 勝貴

 

 

   
       

 

 

 

 

 

 お問い合わせはこちらへ・・・・・・anatomy1@fmu.ac.jp