各科専門看護師からのメッセージ

所属人数/平成28年9月現在

小児専門看護師(1名)

“健康障害を持つ子どもおよびその家族”や“きょうだいや親が病気という状況におかれた子ども”に医療・看護を提供する中で直面する困難や葛藤などに対応し、子どもに最善の利益を考え、子どもおよび家族の力を引き出しながら、成長・発達を見据えた看護の提供にスタッフ共に努めています。

がん看護専門看護師(2名)

がんの患者さんやご家族へのケア、医療者からの相談や各職種・部門の調整を行い、患者さんのQOLが高められるような支援を行っています。がん患者のケアについて深めたい、またお困りのこと等がありましたらお気軽に声掛けてください。

精神看護専門看護師(1名)

疾病や治療に伴って生活に制限が加わったり、余命がわずかであることを話されるなど、ストレス状態にある患者さんのお話を伺うことや看護師と共にケアの方法について検討することを役割としています。

各科専門看護師からのメッセージ

認定看護管理者(2名)

平成26年度に認定看護管理者として2名が当院で初めて認定されました。今後、管理者として視野を広くし、国の方針、そこからの看護協会の動き、そして当院の動きなど、未来を見つめた管理ができるように、情報収集に努めていきます。そして、それを職員全員に伝え、職員全員が行動変容できるように活動していきたいと思います。

救急看護認定看護師(2名)

患者さんの“何か変?”という、状態悪化への気付きを大切に、日々の看護を実践しています。また、研修などの指導や相談を通して、院内スタッフとともに救急看護のレベルアップを図っています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師(1名)

一人でも多くの方が安全に口から食べるように看護を行っております。また、看護師が摂食嚥下障害について理解を深め、食べることにより患者が変化することで、援助に興味をもってもらえるように実践しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師(1名)

患者さんやご家族の方に少しでも快適な生活を送って頂けるように創傷(褥瘡)ケア・ストーマケア・失禁ケアに関する看護の提供を行っています。
また、スタッフの指導・相談を通して看護の質の向上を目指して活動しています。

各科専門看護師からのメッセージ

乳がん看護認定看護師(1名)

乳がんは女性特有の病気です。患者さんは自分のことだけでなく、家庭や職場など周りのことが心配です。治療法が増えた分、選択も難しくなりました。告知から治療の選択、退院後の生活など、病棟看護だけでは関われなかったプロセスに関わりたいと考え、認定看護師の資格を取得しました。6か月間千葉大学で研修を受け、半年後の試験に合格して乳がん看護認定看護師となりました。研修は厳しいものでしたが、全国から同じ目標を持って集まった仲間と熱く議論したことは貴重な経験でした。
認定看護師の役割は「実践・指導・相談」です。修得した知識・技術を活かして看護を実践しながら、スタッフからの相談に乗ったり指導を行います。外来患者さんからの相談にも応じます。自分だけで対応できない場合は、ソーシャルワーカーなど他職種と連携し、チームで患者さんを支えていくなど、広い視野で患者さんと向き合っています。

各科専門看護師からのメッセージ

がん性疼痛看護認定看護師(2名)

緩和ケアチームメンバーとして、スタッフと連携して、トータルペイン(身体面・精神面・社会面・スピリチュアルな面の痛み)のケアを代替補完療法(アロマセラピーなど)を取り入れながら行っています。

不妊症看護認定看護師(1名)

赤ちゃんがほしいと思う気持ちは自然なこと。ご夫婦が、検査や治療について理解をし、不妊と向き合うことができるよう、検査や治療の説明、カウンセリングを行っております。不妊と向き合う時間を大切にサポートします。 

手術看護認定看護師(1名)

手術を受けられる患者さんとそのご家族の不安や緊張が少しでも和らぎ、安心して手術に臨めるよう、手術室スタッフと共に倫理観を高め、質の高い専門知識、技術により手術看護が提供できるように取り組んでいます。

各科専門看護師からのメッセージ

新生児集中ケア認定看護師(2名)

予定日より早く生まれた赤ちゃんや生まれつき疾病のある赤ちゃんの身体的、生理学的安定を図るためのケアを実践しています。一日でも早く家族のもとに帰れるように、家族と赤ちゃんの絆を大切にします。

緩和ケア認定看護師(1名)

緩和ケアは、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな問題(苦痛)をトータルでアセスメントし、苦痛症状が緩和されるようさまざまな方法で支援援します。自分らしく『生きる』ことを看護の力で支えます。

感染管理認定看護師(2名)

患者さんやご家族、面会にいらっしゃる外来者、院内で働くスタッフ、こうした病院内の全ての方々を医療関連感染から守り、患者さんが安心して治療を受けることができて、職員が安全に働けるよう、院内で発生する感染の予防・制御に取り組んでいます。

各科専門看護師からのメッセージ

集中ケア認定看護師(2名)

平成12年に重症集中ケア認定看護師となりました。現在、集中治療部に在籍し、重症患者さんを対象とした看護における「実践」、「指導」、「コンサルテーション」の活動をしています。

がん化学療法看護認定看護師(1名)

外来化学療法センターで、診断直後から終末期まで、さまざまな疾患の化学療法に携わっています。「安全・安心・確実」に治療管理ができ、効果的な治療の完遂と生命の延長、QOLの維持向上に貢献できるよう、がん化学療法の看護の質の向上を目指し活動しています。

がん放射線療法看護認定看護師(1名)

放射線治療はQOLを維持しながらがんを治すことができる治療です。私は主に放射線治療棟に勤務し、患者さんの安全に配慮し支援しています。有害事象の対処方法など、放射線治療を受ける患者さんの看護について困ったことなどがあればいつでもご相談ください。また、施設内における被ばく防護策の推進も行っています。

各科専門看護師からのメッセージ

慢性呼吸器疾患看護認定看護師(1名)

COPDや間質性肺炎など治ることの難しい病を抱えた患者さんやご家族が、持っている力を最大限に活かし、セルフケアをしながら、その人らしく生きていけるよう病棟のスタッフと共に支援を行っています。また、病棟スタッフへの教育や実践に関する助言をしながら呼吸器疾患看護のレベルアップが図れるよう関わっています。

各科専門看護師からのメッセージ

ページトップへ