看護部の理念

県民の健康を守るため豊かな人格と感受性をもち、
質の高い看護を提供します。

看護部方針

キーワード:人権尊重、安全・安心、継続看護

1.温かみのある看護
患者の人権(生きる権利・尊厳を保つ権利・平等な看護を受ける権利)を尊重し、高い倫理観の基にその人らしい生き方ができるよう看護援助をする。
2.安全で安心できる看護
リスク感性を高め事故防止に努めると共に、患者に対しては傾聴姿勢で臨み、インフォームド・コンセントを十分に行い看護計画を共有する。
3.継続性のある看護
入院と同時に退院に向けての看護計画を立案し、社会資源を積極的に活用すると共に院内外の看護職・他職種、他施設との連携をはかり、患者が不安なく療養生活できるようにする。
4.県民の健康を支えます
福島県の復興のために医大病院の一員として、放射線に対する知識、技術を身につけ、県民の健康を支えていく。

本年度の看護部目標

・患者の視点にたった
 専門性の高い看護を提供する

・看護師が働きやすい環境となり、
 患者が満足する


平成29年4月1日 福島県立医科大学附属病院看護部

求める看護師像

  • 福島県の看護をリードし、育成支援ができる看護師
  • 専門職として知識技術を身につけるために自己研鑽に努める看護師
  • 社会の変化に柔軟に対応できる看護師
  • 専門職として責任を持って患者家族に安全で安心な看護を実践できる看護師
  • 基本的な姿勢と態度、倫理観を身につけた看護師
  • 看護の専門性を考え役割を見出し、協働できる看護師
  • 患者・家族の生活の質を高めるために看護実践できる看護師

ページトップへ

組織図

本年度の組織図は こちら からご覧ください。(平成29年4月1日現在)

ページトップへ